なぜ採用されないのか?


 

以下の就職・転職サイトは、職員募集をよくしているサイトです。登録すれば非公開情報もメールで送ってくれるのでとても便利ですよ。

専任職員になりたい方
非公開求人ならtype人材紹介:必見!8割が非公開求人情報です。
人材バンクネット職員への転職なら人材バンク:「匿名スカウト」で自分の適職、通用度チェック
リクナビNEXT学校事務の求人ならリクナビネクスト:「転職成功ガイド」はほんとためになります

派遣職員になりたい方
はたらこ専門事務派遣学校事務派遣の求人会社の画像:事務員の派遣に特化しているので、学校事務での仕事も頻繁に掲載されています。

 

「東大生なら、就職活動なんて苦労しないでしょ。」

と思っている方多いと思いますが、全くそんなことはありません

我が大学にも多数有名大学出身者が学校事務の面接に来ますが、しっかり不採用になっています。そして、偏差値40以下の無名大学出身者でも合格し、大学職員として活躍している人もいます。

先日、同僚と「採用される人物とされない人物の特徴」が昼食時に話題になりました。

「採用を逃してしまう人の特徴」として二人に共通した意見は次の二つでした。

一つ目の特徴は、
内定をもらうことだけがゴールになっている。

採用される人物は、「大学事務職員として活躍すること」を目指しています。これは、表情を含んだ質問の答え方でほぼ見抜けてしまいます。

二つ目の特徴は、
大学(企業)研究をしたつもりになっている。

インターネットで大学の情報は簡単に得られますので、モットーや教育理念など「表面的な話」はいくらでもすることは可能です。

しかし、それだけでは面接官の心を響かせることはできません。人物的に問題があることは少ないのですが、的を得た分析ができていない求職者が多い印象があります。

上記2つの特徴を持ってしまうのは、様々な就活セミナーや書籍の影響で、マニュアル人間になってしまっている可能性が高いといえます。我が大学でも就活セミナーは開催していますが、その効果は賛否両論です。

私が提案できるマニュアル人間から抜け出し、少しでも他の学生に差をつける方法は2つあります。自分の状況に応じて是非行動を起こしてみて下さい。

あなたに起こっていることは、そのすべてが目指す方向へ
向かわせてくれる出来事である。

           ボブ・プロクター(哲学者、教育者)

         
一つ目は名著「7つの習慣」を読んで実践することです。

ご存知の方も多いかと思いますが、1996年に日本で翻訳本が発売されて以来、多くの著名人に影響力をもたらし続けているすばらしい書籍です。

雑誌「プレジデント」が行う「年収1000万以上1000人調査!」で「一番役に立った書籍」としてほぼ毎年1位にランクインしています。

この分野では多くの書籍が出回っていますが、自分流を確立し「マニュアル人間にならない」ために最もおすすめできる本です。

もう一つは、「東大式・内定獲得術」というマニュアルです。

この手のマニュアルに書いてあることは、書籍でもカバーされていることが多いので薦めるレベルのマニュアルはなかったのですが正直いいです。このマニュアル。

それは、次の3つのポイントをカバーしているからです。

1. 正しい自己分析法が書かれている
これは上述した、「内定をもらうことだけしか頭にない」人物から脱却できる最速方法といえます。

2. 正しい大学(企業)研究法が書かれている

希望する大学(企業)のホームページを見ながら記入するだけで、面接官の心をとらえる話ができるようになる特製シートが付いています。4つの視点で分析しているのが大きな特徴です。

3. 全額返金保証制度付き
これがついていないマニュアルは買わないのが鉄則です。内容に絶対的な自信がないとできない保証です。「金返せー」と言いたくなる就活セミナーや書籍は存在しますが、返金はまず不可能です。就活関連のマニュアルでは非常に珍しいといえます。

3つのポイント以外にも下記のような就活を何倍も効率よくする方法が含まれており、高額で返金保証のないセミナーに参加するよりずっとお得です。

◆就活の基礎的な知識
◆企業が採用したい人材について
◆内定を勝ち取るためのマインド育成
◆エントリーシートの攻略法
◆筆記試験の攻略法
◆グループディスカッションの攻略法
◆面接の攻略法
◆コミュニケーション能力のアピール法
◆ベンチャーから一流まで123社で実際にされた質問集

コミュニケーション能力に関しては、私も最近気になっていたことでした。

なぜなら面接で未だに「私はコミュニケーション能力に長けています。」と平気でアピールし、失笑される求職者がいるからです。

言葉で言わなくても「この人コミュニケーション能力あるな」と面接官に感じさせる秘訣を身につけましょう。

採用面接官の「一番欲していることを察知する力」が身に付いていないと感じる方は、気楽にぜひ試してみて下さい。内定が万が一決まらなかった場合でも、全額返ってきますので安心です。

「東大式・内定獲得術」

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく。
                 セネカ(哲学者)

            
効果があると素直に感じることを実践し続けることが、結果を得る最大のポイントです。

皆さんの幸運を祈っています。

大学採用に近づく情報記事一覧

大学の求人が多いサイト

大学採用情報は、少ないと思われがちですが、適切なキーワード検索によって、情報を得ることが可能です。「大学職員」と検索しても求人があるのにヒットしないのです。あまり知...

なぜ採用されないのか?

「東大生なら、就職活動なんて苦労しないでしょ。」と思っている方多いと思いますが、全くそんなことはありません。我が大学にも多数有名大学出身者が学校事務の面接に来ますが...

読んでおくと有利な本

大学職員は変わる価格:2,100円(税込、送料別)大学に採用されるためにできることは何でもすることが大切です。一般企業と異なり大学ならではの文化がありますので最低限は理解して面接に...

学校法人とは

学校法人とは、文部科学省によると以下の定義がされています。学校法人とは、私立学校を設置運営する主体です。学校法人を設立しようとする者は、寄附行為において、その目的、...